TOP > バス&ランドリー > 丸菱石鹸 神戸ハチミツ石鹸
丸菱石鹸

神戸ハチミツ石鹸


丸菱石鹸 神戸ハチミツ石鹸

厳選素材と職人のこだわり
六甲山のアカシアのハチミツが入った石鹸

六甲山の南斜面でとれるハチミツはその土地柄からアカシアの純度が高く、非常に品質の高いものが生産されています。 ハチミツの主成分である果糖はそれ自体が天然の保湿成分ですが、特にアカシアのハチミツはその果糖がほかのハチミツに比べて高いので、石鹸に配合することによってしっとりとした洗い上がりに仕上がります。また、しっとり系のオイルを何種類も配合、非常に贅沢な内容なっています。
はちみつのやさしくて甘い香りがまるでお菓子みたい。優しいしっとりとした洗い上がりにあわせて、この香りも楽しんでいただけます。(もちろん香料ではない、ハチミツそのものの香りです)

《こんな方におすすめ》
乾燥する季節にしっとり系の石鹸をお探しの方、しっかり潤った洗い上がりをお求めの方に

《ご使用上の注意》

●お肌に合わない場合、お肌に異常のある場合は使用をお止めください。
●防腐剤などの品質安定剤・香料など添加せず自然乾燥仕上げのため、色や形が異なる場合がありますが使用上問題ありません。
●ご使用後は水切りの良い石鹸置きで保管して頂くと溶けにくく長持ちいたします。

 

 

丸菱石鹸 神戸ハチミツ石鹸
神戸ハチミツ石鹸

重量:90g
成分:パーム油 水 オリーブ油 パーム核油 水酸化Na カカオ脂 ハチミツ ホホバ油 アボカド油 アーモンド油 シア脂 マカデミアナッツ油 コメヌカ油
製 造:日本製(丸菱石鹸)

1,200円(税込1,296円)

レターパックライトスマートレターNGラッピングOK のしNG

 

 

 

丸菱石鹸 神戸はちみつ石鹸

 

 

丸菱流 コールド製法へのこだわり

コールド製法は火も使わず、廃液も出ない環境にもやさしい製法です。石けん反応時には、火を使わず、石けんの反応熱でじっくり造ります。この石けんのよさは、熱を加えずに自然に熟成させるため、油脂が劣化しないことと、石鹸成分以外の大切な副産物『グリセリン』がまるごと含まれていることです。グリセリンは、非常にすぐれた保湿成分で、お肌に薄い膜をつくり、お肌の水分をしっかりとキープします。
石けんとなる材料は、厳選した食品原料のみを使っています。原料が持っている自然なままの保湿成分が丸ごと石けんになっています。

グリセリンをたっぷり含んだコールド製法の石けんを市販品であまり見かけませんよね。それは、この製法では時間がかかる上に、品質管理が難しく、大量生産するのには経済効率が非常に悪いためです。でも、丸菱石けんさんはそんな手間暇をおしまず、いい石けんを造っています。

丸菱流 コールド製法へのこだわり1丸菱流 コールド製法へのこだわり2丸菱流 コールド製法へのこだわり3丸菱流 コールド製法へのこだわり4丸菱流 コールド製法へのこだわり5

 

 

丸菱石鹸さんのこと

兵庫・神戸から始まった丸菱石鹸さんは58年間、石けん一筋。昔から変わらない「水焚き鹸化法」や「冷製鹸化法(コールドプロセス)」で生の油を焚き上げ、自然乾燥で長時間かけて熟成・自然乾燥仕上げをするという製造を貫いています。そのこだわりの為、出来上がりまで90日以上かかる商品もあります。

じっくり時間をかけ焚き上げ、さらにじっくり自然乾燥させた石鹸には原料油が持っている天然保湿成分やビタミンなどを豊富に含まれています。 せっかく天然のこだわりの原料を丸ごと焚き上げて石けんにするので、防腐剤など品質安定剤、化学香料、化学色素など使用しない製法の無添加製法で仕上げています。

長期間自然乾燥・熟成させた石けんはそれぞれに色の変化や形のひずみなど微妙な違いが出てきます。そのために、全ての商品を手作業できちんと確認しながら包装しています。そんな愛情のこもった人の手のあたたかさが感じられる、どれもそんな石けんになっています。


 

オススメのもの
松山油脂 無添加せっけん
パレスチナオリーブ石けん
ナイアード アルガン石けん
ナイアード アルガン石けん
 プロヴァンスサボンドマルセイユ リキッドソープ
マルセイユ リキッドソープ
丸菱石鹸 疲れたお肌せっけん
疲れたお肌せっけん


中川政七商店 さっぱり洗える麻ボディータオル
さっぱり洗える麻ボディータオル
ナイアード アルガン石けん
シャリ感がいいリネン100%のボディタオル
丸菱石鹸 ティーツリー&ホホバ石鹸
爽やかなティーツリーの香り&しっとり系
丸菱石鹸 疲れたお肌せっけん
柿渋と緑茶を配合したすっきり系の石鹸

 

 

 

kitchen
housekeeping
bath_laundry
aroma
zakka
fabric
food
sale

 

 


 


Top