南部鉄器入ってます

 

寒い季節はあったかい料理で体の中から温まりたいですね。

そんな季節にピッタリな南部鉄器がいろいろ入ってますよ。

 

ずっしりと重い南部鉄器。

調理道具としても、プロに認められるほど素材が活きて

美味しい仕上がりなるんだとか。

 

おまけに鉄分の補給に有効だと科学的にも立証されているんです!

南部鉄器の溶出鉄は2価鉄という吸収されやすい鉄が多く、

「ためしてガッテン」という番組の実験でも

味噌汁やビーフシチューなどを鉄鍋で作った場合、

料理に含まれる鉄分は鉄鍋を使わない場合に比べ「1.5倍」プラスになるそうです。

 

ほうれん草に換算して178g分ということなので

毎日鉄分の多い食物を100gも200gも取るのは大変ですが

鉄瓶や鉄鍋、鉄のフライパンを使えば、楽に鉄分の補給ができますよ♪

 

 

 

また、鉄瓶で入れたお茶も美味しいんです!

鉄瓶で水道水を沸かすと、鉄が微量にじみ出て、

イオン状態の鉄と残留塩素が結びついて反応するためだそうです。

静岡の浜松の「県のお茶と水研究会」というところで

鉄製、アルマイト製、ステンレス製、ホーロー製、ガラス製の

5種類のやかんでお湯を沸騰させた実験で、

鉄瓶が水道水の塩素除去が一番だったそうです。

 

だから鉄瓶で沸かしたお湯を使ったお茶は美味しいんですね。

 

 

また、寒い季節は体調も崩れやすいもの。

「白湯」の健康法にもピッタリです。

毒だし、冷え取り、美容にいいといわれる白湯。

朝一杯の白湯を鉄瓶で沸かして飲んでみませんか?

 

便利すぎる生活に慣れてしまっていると、

錆びさせないためのことはちょっと面倒。

また、ずっしりと重さもあります。

でも、短所以上に長所があるので、長く使われ続けているんですね。

長〜く付き合っていける南部鉄器。

ぜひどうぞ〜!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です