TOP > 丸菱石鹸

丸菱石鹸


丸菱石鹸

兵庫・神戸から始まった丸菱石鹸さんは58年間、石けん一筋。昔から変わらない「水焚き鹸化法」や「冷製鹸化法(コールドプロセス)」で生の油を焚き上げ、自然乾燥で長時間かけて熟成・自然乾燥仕上げをするという製造を貫いています。そのこだわりの為、出来上がりまで90日以上かかる商品もあります。

 

じっくり時間をかけ焚き上げ、さらにじっくり自然乾燥させた石鹸には原料油が持っている天然保湿成分やビタミンなどを豊富に含まれています。 せっかく天然のこだわりの原料を丸ごと焚き上げて石けんにするので、防腐剤など品質安定剤、化学香料、化学色素など使用しない製法の無添加製法で仕上げています。

 

長期間自然乾燥・熟成させた石けんはそれぞれに色の変化や形のひずみなど微妙な違いが出てきます。そのために、全ての商品を手作業できちんと確認しながら包装しています。そんな愛情のこもった人の手のあたたかさが感じられる、どれもそんな石けんになっています。

 

丸菱流 コールド製法へのこだわり

コールド製法は火も使わず、廃液も出ない環境にもやさしい製法です。石けん反応時には、火を使わず、石けんの反応熱でじっくり造ります。この石けんのよさは、熱を加えずに自然に熟成させるため、油脂が劣化しないことと、石鹸成分以外の大切な副産物『グリセリン』がまるごと含まれていることです。グリセリンは、非常にすぐれた保湿成分で、お肌に薄い膜をつくり、お肌の水分をしっかりとキープします。 石けんとなる材料は、厳選した食品原料のみを使っています。原料が持っている自然なままの保湿成分が丸ごと石けんになっています。

グリセリンをたっぷり含んだコールド製法の石けんを市販品であまり見かけませんよね。それは、この製法では時間がかかる上に、品質管理が難しく、大量生産するのには経済効率が非常に悪いためです。でも、丸菱石けんさんはそんな手間暇をおしまず、いい石けんを造っています。


丸菱流 釜焚き製法へのこだわり

季節や温度、湿度、火力、そして何より鹸化の状態を判断する経験がものを言う昔から伝わる製法で、釜炊き製法を完璧に出来るのは日本では数社、職人は数人しかいないと言われています。大きな釜に原料となる天然植物油と苛性ソーダを入れ、薪で火力を上げ約3日かけてじっくりと炊き上げてゆきます。 炊き上げた石鹸は何工程にも分けて自然乾燥させ、熟成させていきます。短いもので数十日、長いものならなんと3年もの熟成期間を設けています。その後手で切り分け包装していきます。

毎日使うものだから、本当に安心なものだけをという思いから、厳選した原料を使い、皮膚刺激の原因といわれている色素、香料、品質安定剤など無添加で作っています。 釜焚き職人が鹸化法で生の植物油をじっくりと時間をかけて焚き上げています。職人が、目で見て、舌で確かめて仕上げています。 独特の製法により、じっくり自然乾燥させることで、石けんがまろやかな使い心地になります。ワインやチーズが熟成するように、乾燥させる工程は、熟成させる工程でもあります。そんな時間をかけて大切に作られている石けんです。

 

 

 

 

 

 

丸菱石鹸のもの

丸菱石鹸 旅する石鹸
旅する石鹸(山羊ミルク、
はちみつ、ラベンダー)
本体価格 各1,000円
丸菱石鹸 釜炊き米ぬか石鹸
釜炊き
米ぬか石鹸
本体価格 800円
丸菱石鹸 ピュアオーガニック石鹸
ピュア
オーガニック石鹸
本体価格 1,200円
丸菱石鹸 神戸ハチミツ石鹸
神戸
ハチミツ石鹸
本体価格 1,200円


丸菱石鹸 ティーツリー&ホホバ石鹸
ティーツリー&ホホバ石鹸
本体価格 1,200円
丸菱石鹸 神戸酒石鹸
神戸酒石鹸
本体価格 1,200円
丸菱石鹸 カモミール石鹸
カモミール石鹸
本体価格 1,200円
丸菱石鹸 ゆず石鹸
ゆず石鹸
本体価格 1,200円


 

 

 

 

 

 

bar_brand.jpg

  • 丸菱石鹸
  • 野田琺瑯
  • がんこ本舗
  • 白木屋傳兵衞
  • 中川政七商店
  • 土佐流
  • ゆいか
kitchen
housekeeping
bath_laundry
aroma
zakka
fabric
food
sale

 

 


 


Top